採用情報
先輩社員の声
建築事業部
第一グループ
辻 智孝
2010年入社
建築事業部
営業設計グループ
石井 梨紗
2012年入社

環境事業部第一グループ長
川原 徹也
2006年入社

環境事業部第一グループ
小島 啓
2013年入社
吉良建設の志望動機や入社の決め手は何ですか?
建築部や土木部、環境部など様々な事業部があったこと。エコマスターズの環境を考えた仕事内容に魅力を感じたこと。広く浅くではなく、地域密着型の会社だったので自分の経験のことを考えて「濃く深いもの」が身に付くと思ったから。
いろんな建物を建設している会社と知り、一般住宅から公共施設、店舗建設まで、幅広い分野で建設業を取り扱っているところに興味、関心をもちました。創造、イメージから作り上げ形になっていく物づくりに魅力を感じていましたので、いろんな視点から建物の観点を勉強したいと思い、現在に至ります。

会社説明会などで会った先輩の雰囲気がよかったことが大きなポイントです。 現場見学に行った時に同じ大学の先輩がいて、「オレと同じ大学なんだな」と親しげに話しかけてくれた温かさに魅かれました。

私は中途採用で吉良建設へ入社しました。それまでの土木現場技術者の経験が生かせる会社だと思います。また、幹部の方々との面接で土木建築工事のみならず、コンクリート構造物の維持・補修や工場の機械洗浄等、これからの需要が見込まれる新しい分野にも力を入れている活気のある会社であると感じました。
▲ページのトップに戻る
現在の仕事内容を教えてください。
現場監督(施工監理・安全管理など)、材料検収や工程写真・出来型管理などの写真を撮って整理する。現場での墨出しやレベル出しなどの作業、現場で必要な資材の運搬等。
当社で建設したパナソニック(株)住宅のモデルハウスで接客をしています。定期的にモデルハウスの飛び出し注文いただいてるお客様の施工現場をお借りし、現場見学会も行います。さまざまなプランを見ることができ、施工中の現場でもあるので勉強になりますし、知識を身につけ接客対応できるように心掛けております。

現在は、土木工事の技術者をやっています。工事の書類から、現場の段取り、写真などを行っています。来年から、一人で現場を持つようになります。上司に教えてもらいながら頑張っています。

環境事業部第一グループ長として、土木工事を受け持つ各担当技術者と協力し工事の管理を行っています。また、自分自身も責任者として工事を安全かつ円滑に進めるために施主や協力業者、地元業者との打ち合わせおよび現場(社長の代理人)資機材の段取り等を行っています。
▲ページのトップに戻る
仕事のやりがいや面白さを感じるのはどんな時ですか?
実際に自分達が計画したものを施工し、完成後に建物を見直した時、達成感と喜びを感じました。工程が予定通りにいくことや、現場が終わって誰一人怪我や事故がないと、仕事をしている実感が湧くと同時に嬉しいです。
建築に係ることは何も分からず入社しましたので、全てゼロからの始まりでした。住宅の仕事は幅広く、少しずつ専門用語や建物ができてくる流れ、融資関係の知識が身に付き、自分が成長していると思えた時に仕事の面白さを実感します。まだまだ勉強中の身ですが、もっと視野を広げ成長したいと思います。

毎日が同じことの繰り返しではないので学ぶことが多く日々勉強して頑張っています。担当している現場が完成した時の達成感や喜びを味わえる日を楽しみに日々頑張っています。

自分の受け持つ工事が完成し、検査に合格した時が最も感動を受けます。また、当初の施工計画から完成に至るまで、お互いが打ち解けていく過程には、大変さの中にもやりがいや面白さを感じます。
▲ページのトップに戻る
就職活動中の方へメッセージ・アドバイスをください。
会社案内や職場体験をしてから就職先を決めた方が、入社してから充実して働けると思います。面接などで緊張した時には、つい日頃の自分が出てしまうので、日常からの挨拶や言葉遣いには気をつけた方が結果が出やすいのかと思います。
職場は自分自身を発見、成長させてくれる場所だと思います。常を自身を持ち、じっくり考えて自分に合う職場を見つけてください。

吉良建設は、とてもいい会社です。チームワークがしっかりしていて、解らない事はとても親切に教えてくれますよ。

これからの自分の人生を変える選択をしなければいけない大変な時期ですが、自分自身の事ばかり考えて緊張せず、相手の意見に耳を傾け理解したうえで決断すれば後悔しない選択ができると思います。